Cocoonを使ってみました・・・時代の流れに目が回る

一昨日、このサイトのデザインを変更し、3つばらばらだったブログ「ばぁちゃんがゆく」「ロボット?ROBOT?!?」「まごまご・・・孫?」を1つにまとめました。

せっかくまとめるのだから、と古い記事を読み直していたのですが、

まぁ、なんと読みづらい文章を書いているのでしょう、とか

話の脈絡がなくあっちへ飛んだりこっちへ飛んだりしている、とか

落ち込むことが数限りなくあって、まだ完全には立ち直れていないのです。

 

が、それ以上に、この数年の間の移り変わりが、とても速かったことに驚きました。

ジタバタしながら書いた記事は、もうすっかりあたり前になっていたり、必要なくなってしまった情報がほとんどです。

 

このサイトはWordPressという、記事を書いたり画像を指定するだけで勝手にデザインにはめ込んでくれるシステムを使っているのですが、今回、Cocoonという無料のテーマを使ってみることにしました。(その子テーマCocoon Child1.1.0を使っています!)

ほんの少し、PHPというプログラミング言語がわかるので、WordPressは自分でカスタマイズした方が、人が作ったものを覚えるより楽だろうと思っていました。

十数年前、日本でWordPressが使われ始めたころには、カスタマイズして使うのが当たり前だったのです。

それが今では、有料無料を問わずたくさんのテーマやたくさんのプラグインが用意されています。

で、今では仕事でも、テーマやプラグインをうまく見つけて、それらを使ったカスタマイズが当たり前になってきていたのですね。

ばぁちゃん(心)
ばぁちゃん(心)

すっかり乗り遅れてた。

Cocoonは、ページデザインや、WordPressをより使いやすくするための機能などが盛り込まれている無料のWordPress用のテーマです。

特別なプラグインもほとんど必要なく、何でもかんでも便利なものがすでに入っています。

機能が多い、とはどこかに書かれていましたが、本当に便利に使えます。

例えば、既存の記事を更新すると、記事の更新日が変わってしまうのですが、文章が読みづらかったのでちょっと直しただけでも、更新日が変わってしまいます。

そこで、変わらないようにするためのプログラムの変更方法を探すと、ネットでたくさん出てくるのですが、Cocoonを使うと、それがすでに用意されていますし、使い勝手もいいです。

ばぁちゃん(心)
ばぁちゃん(心)

そんな機能一つとっても、自分で修正しようとするなんて、古い!頭が固い!

私の使い方のせいか、「アイキャッチ自動設定を有効にする」にチェックを入れると、思っていた画像がアイキャッチになってくれなかったり、「自動保存」の順番が違ってしまうようで最新の記事でも「以下のバージョンより新しい自動保存版があります。」と出てきてしまったりといくつ問題にもぶち当たっていますが、もうちょっとしっかり使い込んでみたいと思っています。

 

 



あいてぃ(IT)& 新技術
ばぁちゃんをフォローして♡
ばぁちゃんがゆく
タイトルとURLをコピーしました