IoT の ミル付きコーヒーメーカー

全自動の(ミル付きの)コーヒーメーカーも、かなり安くなって多彩になってきました。

5~6年前に探したときには、10万円前後の価格だったように覚えています。(もっと前だったかも)

それが今では数万円で購入できます。

コーヒー豆を買ってきて、毎回豆を挽いて飲むというのは何と贅沢なことでしょう。

面倒くさがりの私にとっては、ボタン一つで、豆を挽くことからやってくれるコーヒーメーカーはとてもありがたい存在です。

 

どれがいいかな、と探していたら、Google Home や Alexa から声で操作できる全自動コーヒーメーカーを見つけました。

+Style オリジナルの「スマート全自動コーヒーメーカー」です。

 

このコーヒーメーカーは、コーヒー豆からコーヒーを入れてくれる全自動のコーヒーメーカーです。

操作はコーヒーメーカーのフロントパネルからボタンを押すことで行うことができます。

が、スマホのアプリからフロントパネルと同じ操作を行うこともできます。

それだけでなく、Google Home やAmazon Alexa などのスマートスピーカーを使って音声での操作もできるようになっています。

グーグル
グーグル

でも設定は変えられないよ!

スマホアプリから、豆か粉かの選択や、分量などを設定して「オン」をタップすると、すぐにミルが動き出してコーヒーを挽き始めます。

他の全自動のコーヒーメーカーを知らないので何とも言えませんが、これがちょっと大きな音だったので、びっくりしてしまいました。
我が家の精米機と同じぐらいのボリュームでしたけど、一瞬でした。

 

コーヒー豆からでもコーヒーの粉からでもコーヒーを入れられます。
入れられるコーヒーは最大カップ6杯分(最大使用水量:750ml)。
ペーパーフィルターは不要です。
スマホアプリを使う場合、Wi-Fiが必要になります。

そして、これで入れたコーヒーはおいしい!!

その他のスペックはこんな感じです。

電源(定格電圧/電流) AC100V
消費電力 670W
無線方式 IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
動作環境温度 10〜35℃
動作環境湿度 10〜80%RH
抽出方式 ドリップ式
保温機能 30分
自動電源オフ機能
本体寸法 約160(W)×321(D)×280(H) mm
本体重量 約2.6kg
電源コード長 1.2m
ミルタイプ プロペラ式(回転刃)
同梱物 製品本体×1
コーヒーポット×1
計量スプーン×1
取扱説明書×1

 

 

ばぁちゃん(心)
ばぁちゃん(心)

追記:

最近は、スマートホームだとか、スマートウォッチやスマートスピーカーなど、「スマート〇〇」という言葉が増えていますね。

〇〇の機能だけではなく、インターネットにつなげて今までなかったような使い方をしよう、ということでしょうか。

なんでも頭文字数で決めたがるIT業界では、IoT(Internet of Things)と言ったりするものですが、一般受けするのはスマート〇〇なのでしょう。

どちらも、インターネットにつながったモノたちのことです。

 

ベッドの中からコーヒーいれて!っていえばコーヒーができるなんて映画のような、って娘に言ったら、
でも豆や水をセットしておかなきゃならないし、カップにも入れてくれないんでしょ!おまけに洗ってくれないし。
と言われてしまいました・・・。

IoT もまだまだ試行錯誤状態で、きっとこれから面白いアイデアがたくさん出てくるのでしょうね。

ばぁちゃん(心)
ばぁちゃん(心)

ん~、やっぱり執事ロボットか。

タイトルとURLをコピーしました