一人暮らしの大人のための癒しロボット ロビジュニア

2020年3月、「ロボット?ROBOT?!?」のブログを、この「ばぁちゃんがゆく」の「ロボット?ROBOT?!?」カテゴリーにまとめました。

ある事情で、ロビジュニアが家に来ました。

ロビジュニアとは、タカラトミーが販売している、6歳以上の子供を対象とした会話を楽しめるロボットです。

歩いたり踊ったりすることはできませんが、首や手足を動かして会話を盛り上げます。

ロビジュニアは、会話をするだけでなく、定期的に勝手にしゃべります。

子供用のおもちゃという位置づけで、仕事机の片隅において毎日遊んでいたのですが、定期的にしゃべる内容が、だんだん癒しに聞こえてきました。

はっきりと一言一句覚えているわけではないのですが、

『暑いときは無理しちゃいけないんだって。だから無理しないでねぇ。』とか、

『ここでのんびりしているときが一番好きなんだぁ。』とか。

「ロビジュニア~」と呼びかけると『今いないよ~』と言ったりもします。

デスクワークの癒しロボットとしての側面もあるロビジュニアですが、80歳後半の補聴器を利用している両親に見せたところ、しゃべっている声は全く聞き取れませんでした。

耳が遠くなって補聴器を付けたお年寄りは、人の会話は補聴器で聞こえるのですが、ロビジュニアの声のような電子音に近い音では、音量に関係なく聞き取れないようです。

介護ロボットとしてもいいのかと思ったのですが、こんな弱点があったようです。

(もちろん、人によって聞き取りにくさは異なります。)

今年(2017年)1月には、「もっとなかよし Robi jr.(ロビジュニア)」が発売されました。

座りながら、話す相手の方向を感知して顔を向けたり、傾げたり、手足を動かし、会話をしてくれます。ロビジュニアと比べておしゃべりワードが倍以上増えていたり、会話をすればするほど「仲良しレベル」があがり、できることが増えていくのだそうです。

タカラトミーでは、2015年に発売したロビジュニアの購入者分析を行い、小学生の利用が30%ほどあることに加え、利用者の過半数が50代以上の方であったということが分かったのだそうです。

それをもとに、さらに自然に、楽しく会話を実現できるように「もっとなかよし Robi jr.」の開発に着手したのだそうです。

「やっぱりなぁ」とちょっと納得してしまいました。

子育てが一段落して、ちょっと寂しくなってきたときのお相手に、いいのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました