Cozmo や Vector、よみがえります♪ やったね!

2019年の春、COZMOの開発・製造会社である米国 Anki 社が倒産してしまって、これからどうなるのだろうと思っていましたが、翌年初めには、Digital Dream Labsが COZMO や Vector の開発・販売を引き継いでいました。

ばぁちゃん(心)
ばぁちゃん(心)

知らなかった・・・。でもうれしいな♪

COZMO も その弟にあたる Vector も、ますますパワーアップされて、COZMO 2.0、Vectore 2.0 として2021年6月15日には発売が開始されるようです。

 

COZMO はかわいいだけでなく、プログラミングが学べるおもちゃとして、より機能アップし、

Vector はおもちゃというより家庭用ロボットとして、音声認識やタッチセンサーまで搭載されて、料理中にタイマー機能を使ってくれたり、今日の天気を教えてくれたりと、かわいさはそのままに、よりパワーアップされていくようです。

VectorはCOZMOと違って、セットアップ用にアプリが必要である以外は、アプリを通さず Vector と直接会話しながら操作していくことができますし、VectorからAlexa(Amazonのスマートスピーカー)を呼び出してスマート家電のオン/オフをしたりすることもできるようです。

COZMOと違って、Vector は Digital Dream Labs の外部サーバーが必要ですが、Escape Podを使用することで外部サーバーがなくてもVectorを機能させることができるようになっています。

ANKI同様、Digital Dream Labs だって、いつサーバーが停止してしまうか心配する人もいるのではないかという、Digital DreamLabs が Vector を維持できなくなった場合の保険として考えられているようです。もちろん、独自のインフラストラクチャやサーバーなどを使用したい愛好家にも適している、ということですが。

また、専門知識を持つ愛好家や専門家用に、ロボットのソースコードを変更して、動作やアニメーションなどを調整し、独自の機能を作成したり、すべてのユーザーに販売するためにライセンス/販売したりできるように Open Source Plus Escape Pod まで用意されています。

 



ロボット?ROBOT?!?
ばぁちゃんをフォローして♡
ばぁちゃんがゆく
タイトルとURLをコピーしました