フロントページ(トップページ)に固定のメッセージを出したまま最新の投稿も表示したい!

WordPressのテーマによってウィジェットを設定できる場所が大きく異なります。

ばぁちゃん(心)
ばぁちゃん(心)

知らなかった

例えばCocoonの場合、こーーーんなにたくさんあるんですね。
(「Cocoon設定」の「ウィジェットエリア」で除外しなければ)

実は以前から、フロントページ(ホームページ)に、最新の投稿を表示したまま、固定のメッセージも表示できたらいいのになぁ、と思っていました。

今までは、「外観」→「テーマエディター」でプログラム部分に直接書き込んでいたのですが(まぁなんと非効率な・・・)、テーマによってこんなに簡単にできるんです!

ちょっとショックです!!

 

やり方は、「設定」→「表示設定」の「ホームページの表示」は「最新の投稿」のままで、

Cocoon の場合には、管理画面の「外観」→「ウィジェット」の「インデックスリストトップ」に「テキスト」ウィジェットなどで固定で表示したい内容を追加。そして、その下の「表示設定」をクリックして「チェック・入力したページで表示」を選択し、「トップページのみ」にチェックを付けて「保存」すれば、最新の投稿が変わってもその上に必ず表示されます。

LightningでExUniを使っている場合には、同じように管理画面の「外観」→「ウィジェット」の「トップページコンテンツ上部エリア」に「テキスト」ウィジェットなどを追加すれば、最新の投稿の上に固定で表示されます。

 

ばぁちゃん(心)
ばぁちゃん(心)

うぅ~、ただただ便利な機能に驚いております!

 

おまけ (カテゴリー一覧ページも便利に)

カテゴリー一覧ページには、普通カテゴリーの「概要」とか「説明」とかのところに書いた内容が先頭に表示されますが、Cocoonでは「カテゴリ本文」で一覧の先頭に表示されるようになっていて、ビジュアルエディタやHTMLを直接かけるテキストエディタが使えるようになっています。

 

WordPress のバージョンは 5.4
Cocoon Child のバージョンは 1.1.0(Cocoonバージョン: 2.1.1.4)
Lightning テーマのバージョンは 9.3.3
「VK All in One Expansion Unit」プラグインのバージョンは 9.11.4.0
タイトルとURLをコピーしました