アロマテラピーの通信教育を始めてみました

思い出を思い浮かべやすい五感は、人によって異なるのだそうです。

例えば、「海」と言って思い浮かべるのが、広々とした海の風景だったり、ここちよい波の音だったり、潮の香りだったりと。

私の場合は、「海」というと、だんぜん潮の香りです。

嫌なことを思い出すのも、どうも香りからが多いような気がします。

 

60歳を超えて、何か新しいことをやりたいな、と考えていたのですが、私にとって「香り」というものが大切なもののようなので、お香かアロマテラピーでもやってみようかなと思いました。

とはいえ、今はほとんど外出できる環境にないので(両親二人の介護中です)、通信教育で学べるアロマテラピーを学んでみることに。

 

「1、2級検定対策講座」というものになっているので、1、2級検定に出題される30種類ものアロマ(エッセンシャルオイル)が全部セットになっています。ビーカーやらガラス棒やらも付いていて化学の実験のようです。

テスト対策もかねて、毎日1種類ずつ香りをかいでみているのですが、いい香りに包まれるだけで、しあわせ~な気分です。

教材を読みながら、夜寝る前に、仕事部屋で香りのテストをしているのですが、寝る前の幸せな気分と、朝起きて、仕事部屋に入った時の幸せな気分、両方が味わえます。

ちょっと優雅な人生に変わった感じです。

 

アロマテラピーは、古い歴史のあるものではなく、まだまだ未開拓な分野のようです。

アロマの検定では、このエッセンシャルオイルは、植物のどの部分から取られて、どういう製法で抽出されるのかなどの知識だけではなく、アロマにはどんな効果があるのか、香りが人間にどのように作用してそれらの効果を与えるのかなど、かなり幅広く深く学んでいくことができ、とても面白いです。

 

とはいえ、感動しながら読んでいる教材も、その章のあいだあいだにあるワークをやると全く頭に入っていなかったことに愕然となるのですけれど。

それは、「年」ということで。

 

まだ、始めたばかりで4種類の香りをかいだだけですが、若返った気もする(ニッ!)し、ストレス解消としてもとてもいいようなので、今のところとても気に入っているお勉強!?です。

 

ばぁちゃん(心)
ばぁちゃん(心)

2019年6月、無事に試験も合格したよ!

タイトルとURLをコピーしました